2017/06/13

私たちが欲しいのは「今と未来の自転車乗りの権利を考える」インフラ(おまけ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
#aminocyclo: 個別論点の地上戦をやってるときに、変えること自体を旗印にすることのあやうさ: 経産省の例のペーパーは私の目からは自転車の車道通行の発想と通底するものがあり、現在の役所の発想をよく示しているように思いました 経産省「次官・若手ペーパー」に対する元同僚からの応答 - HIROKIM BLOG / 望月優大の日記 https://t.co/SrVw3iE...

これまで、2回にわけて、Frameに掲載された自活研内海さんの記事に対する私の考えを書いてみたのですが、ちょっと前に、このような記事を書いていたことを思い出しました。

「日本で一番自転車乗りの権利を考える*男が、再びバスと自転車について考えました」

元々、上の記事は5月22日に書いたもので、6月9日に公開された内海さんの記事にだいぶ先立つものです。従って、当然、当該記事自体を意識したわけではありません。

しかし、最近の自転車インフラに対するアプローチは、

  • 個別論点の損得よりも、変えることだけを旗印にしている
  • 変えるときにはローハンギンフグルーツから取りにいく
  • 結果、一番立場の弱いものから損をするようになっていく危険性がある
という点で、例の経産省ペーパーの考え方と似ているなと、前々から思っていました。
私自身の経験から言えそうなのは、個別の議論よりも変えること自体を上位におく場合、とりあえずローハンギングフルーツをもぎ取る戦術に流れるのが自然であるように思われます。まずは抵抗が弱そうなところから叩いていく。言い換えれば、便益を踏まえた優先順位付けより、まずは費用だけをみて、サクサクっと終わらせることを優先する。(中略)
しかし、この方法を、複数の拮抗する利害の順位調整それ自体が問題になり、かつ、その順位調整を本来の機能として期待されている国の中の人があっさりと持ち出すのは、ちょっとなあ、と思うのです。(中略)
そして、この「非連続的な転換」を旗印に「ローハンギングフルーツ」を取るという戦術を適用すると、まず抵抗が弱いところから対応されていく。
結果、最も抵抗力が強いところが手を付けられずに残ってしまう。
もっとも、繰り返しですが、この考えは、別に内海さんの記事をみて思った訳ではありまん。しかし、今回の内海さんの記事は、まさにこのロジックを堂々と掲げるものでした。
ほんの10年前まで自転車は歩道通行が当たり前だった。お巡りさんたちも現場で「おーい。そこの自転車、歩道へ上がんなさい」と指導していたくらいだからドライバーの中には、いまだに「自転車は歩道が原則」だと思い込んでいる人が少なからずいる。のみならず2020年に向けて東京に大量の外国人観光客がやってくるという恐るべき事態が控えている。ご承知の通り、お隣の韓国も中国も台湾もロシアもアメリカも道路は自転車を含めて全部右側通行。できるだけ混乱は避けたい。
さあ、あなたならどうする? 手っ取り早く描ける分だけでも描いてしまおうとするのではないか。
厳密に言えば、今回のガイドラインにかかる整備において、ローハンギングフルーツから取るというアプローチは、本当にガイドラインに忠実なのであれば、私もあまり問題は感じません。

なぜなら、今回のガイドラインにおいては、ナビマークを整備しただけの部分については、歩道通行をDiscourageする趣旨のものとはされていないからです。ガイドラインも、明確に、これは現に車道を通行する者のためのもの、と述べています。したがって、本来の趣旨の通り、ナビマークが現在の歩道通行+で用いられるのであれば、自転車乗りにとっては選択肢が増えるものだからです。

しかし、内海さんは、少なくともナビマークの趣旨をこのように限定的に解する立場ではなさそうです。

なぜなら、当該記事において、
現時点で市民の幸せレベル最大公約数として自転車は歩道か車道か。高齢者が歩いて暮らせる街にするためにも自転車に歩道を走らせるのは、いい加減やめにしたい。
と述べ、明確に自転車の歩道通行は廃止するべきであるという立場を打ち出されているほか、ナビマークの利用について、
「自転車は原則として車道の左側を走る」というコンセンサスを改めて作りに行っているフェーズ
 における手法と位置づけられているからです。
これは、本来のガイドラインが想定したナビマークの趣旨からは逸脱しています。

このように、ナビマークが歩道通行をDiscourageするツールとして使われるのであれば、それは、純粋なプラスではありません。これにより、自転車の利用のハードルが上がり、利用が減るという副作用が生じ得ます。そして、この利用減は、子どもや高齢者といった弱い立場の人や、それを守るべき親などから始まるでしょう。

そういう性質のものを、あっさりと「ローハンギングフルーツ」の戦術で行っていくのには、やはりもう少し躊躇があってもよいように思います。

出来ることから、やる。

これは一般的にはとても有用。何かを動かすためには、必要なことです。

しかし、失われるものに思いをはせて、もう少し立ち止まって考えてもいいように思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿