2017/05/10

UKにおいて手信号は法的義務ではないという話

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

なんか手信号の話がやたらと盛り上がっているようですね。
この点について、私はこう考えています。

  • 法定の手信号に加え、事故防止の観点から、何らかのコミュニケーションを取りあうことは当然望ましい
  • もっとも、その起源からも、また個別状況に照らしても、これを厳密に適用することはあんまり現実味がない
  • 元より手信号単独で防げることには限界がある マナーの件と同様、個人の努力をやたら強調するのは、他のソリューションの可能性を阻害する
  • ゆえに、法定のルールを厳密に解したり、そうでないコミュニケーションが受容できるかどうかの議論を延々と頑張っても、どうかなあ
てな感じです。

勿論いろいろな考えがあるとは思いますが、背景の1つとして、UKの道交法に相当するHighway Codeをご紹介しようと思います。


Highway Codeにおける手信号の内容

まずは、手信号の例示から。


若干日本とお作法が違いますね。

最後に、
These signals should not be used except for the purpose described.
とあるとおり、これらの手信号は、上記の意味以外では使うべきではないとされています。
他方で、それ以外の手信号について使うべきではないとは言っていません。

手信号が使われるべき場所

手信号の使用については、Rule 103に定めがあります。

Signals warn and inform other road users, including pedestrians (see ‘Signals to other road users), of your intended actions. You should always
  • give clear signals in plenty of time, having checked it is not misleading to signal at that time 
  • use them to advise other road users before changing course or direction, stopping or moving off 
  • cancel them after use
  • make sure your signals will not confuse others. If, for instance, you want to stop after a side road, do not signal until you are passing the road. If you signal earlier it may give the impression that you intend to turn into the road. Your brake lights will warn traffic behind you that you are slowing down 
  • use an arm signal to emphasise or reinforce your signal if necessary. Remember that signalling does not give you priority. 
自転車については、例えばRule 67が次の通り定めています。
You should
  • look all around before moving away from the kerb, turning or manoeuvring, to make sure it is safe to do so. Give a clear signal to show other road users what you intend to do (see ‘Signals to other road users’) 
  • look well ahead for obstructions in the road, such as drains, pot-holes and parked vehicles so that you do not have to swerve suddenly to avoid them. Leave plenty of room when passing parked vehicles and watch out for doors being opened or pedestrians stepping into your path 
  • be aware of traffic coming up behind you 
  • take extra care near road humps, narrowings and other traffic calming features 
  • take care when overtaking (see Rules 162 to 169). 

でも手信号単体の違反に刑事罰はない

ここからが本題です。

面白いのですが、UKのルールは、"must"と書かれている場所と、それ以外の場所で、扱いが明確に異なります。この違いについては、次の通り説明されています。
Many of the rules in the Code are legal requirements, and if you disobey these rules you are committing a criminal offence. You may be fined, given penalty points on your licence or be disqualified from driving. In the most serious cases you may be sent to prison. Such rules are identified by the use of the words ‘MUST/MUST NOT’. In addition, the rule includes an abbreviated reference to the legislation which creates the offence. See an explanation of the abbreviations.
Although failure to comply with the other rules of the Code will not, in itself, cause a person to be prosecuted, The Highway Code may be used in evidence in any court proceedings under the Traffic Acts (see The road user and the law) to establish liability. This includes rules which use advisory wording such as ‘should/should not’ or ‘do/do not’. 
このように、Must/must notと書かれていない箇所の義務については、その違反が単体で刑事罰の対象となることはありません。Should、といった用語は、あくまでアドヴァイスとの位置づけです。

もっとも、このような違反が、間接的に他の責任の有無に影響するという意味で、全く法的な意味がないという訳でもない点には注意が必要でしょう。

リスクベースで考える

日本の道路交通法は、最も破壊力が高い自動車については、反則金という刑罰以外の道を用意している一方で、それよりリスクが低い自転車については、罰金刑、すなわち、刑事罰の選択肢しか用意していません。とても硬直的。

これに対し、UKは、Mustとそうでないアドヴァイスを組み合わせることで、リスクに応じた柔軟な取扱いを正面から認めています。

もっとも、日本においても、実際の適用場面において(様々な理由付けがありえますが)警察が手信号違反を摘発することはまずありません。

そのように警察自体が厳密な適用に現実味を感じていないルールであり、他国でも必ずしも直ちに刑事責任を生じさせない「できたらいいけど」というルールの細かな解釈について、ガリガリと頑張るのは、どうもなあ、と思っちゃったのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿