2017/03/27

ケント170キロ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
25日、26日の休日。特に予定もなく、土曜日の朝に起きたところで思案。どこ行こう。

いつもならばEssexへ、70~100キロ、というのが定番なのですが、天気がいいのでもう少し遠くへ。

少し考えて、ケント方面へ行くことにしました。直近に決めたのと帰りが新幹線輪行なので突然友人を誘うのも気が引け、ソロ。

ケントはロンドンの東南、ドーヴァーやカンタベリーといった町がある地方。イングランド全般と同様、大きな山はありませんが、それなりにパンチのあるアップダウンが続く丘陵地帯が複数存在します。

その中を抜ける小さな道々を通って、中世の町並みが残るライ(Rye)の町に向かうのが今回の目的。

もぞもぞしてたら出発は9時前。200キロを予定していますが、まあ大丈夫でしょう。

UKは鉄道網が充実しており、また自転車の持ち込みも基本的に可能なので、ドロップアウトして帰ることにさほど不自由しません。状況によってはそれを選択肢にいれつつ、適当に行くことに。

今回久々に鉄バイクを持ち出し。カーボンばかりだったのでかなり懐かしい感覚。

もっとも、前回のパーツ換装からセッティングがあっておらず、それが後々響いてくることに。

グリニッジから住宅街を南下し、まずはロイヤルタンブリッジウェルズの町を目指す。2日前のSSTからの回復のおかげかそれなりにパワーが出てる雰囲気。

この地区はサイクリストも多く、特に道中のIde Hillはヒルクライムアタックの名所。
私が登ったのは裏側からなので、裏イデとでもいうべきか。

下ってもう一度登るとタンブリッジウェルズの町。名前からも察せられるように元々温泉保養地だった模様。山の中に突然観光地が出現するのは面白い。

もっとも私は素通りし、もう少し先のガソリンスタンドでお菓子を補給。

ソロだとカフェストップにも気を遣います。自転車に目が届くカフェを探すのですが、なかなか。結局コンビニでスナックを買うばかりになりがち。

さらに南下するとバトルの町。これは1066年のヘイスティングスの闘いの舞台。ヘイスティングスの町は海岸にありますが、ここに到って当時のイングランド王とフランスからの挑戦者が激突、後者が勝利し、現在の王朝に到ることに。

。。。でもここも素通り。修道院があるんですが入場料を取るらしい。お金は気にしないけど自転車を放置するのが嫌なので。

そのままさらに30キロほど走って今日の目的地、ライの町。

ここは中世の町並みがそのまま残っており、城壁に囲まれた町中にはコブストーンの急坂が。さすがに登れません。
本来は、ここから北上してアッシュフォード、山をこえてフェバーシャムを検討していたのですが、ここでルートを変更、南下してダンジネスの岬を目指すことに。

ところがここから海岸沿いの強風に直面。普通は西風が多いところ、今日は北西の風・・・これって前にAudaxで来たときと同じ。呪われますね。

ダンジネスの岬の原発まで来て北へ、ここから完全に海沿いの吹きさらし。ドーヴァーまで行こうと思っていたところ、かなり気分的にダレてきたので手前のフォークストンで追えることに。

ここで面白いものに遭遇。

ダンジネスの岬から半島の付け根にあるハイスの町までを結んでいるライトレール。軌間は380ミリとのこと。

ここは前大戦の間はドイツ空軍を防衛する最前線だったらしく、その間は装甲列車に対空砲を積んで走らせていたとか。まじか。

最後はフォークストン。ここも保養地らしく、高級なマンションが。もっとも今はオフシーズなのかとても静か。

新幹線に乗るまえにポテトチップを購入。こういう日は罪悪感なく食べられます。

乗車してわずか45分でロンドン。お疲れ様。

総走行距離は180キロちょいでした。最後はバテバテ。

どうもセッティングが合ってない模様なので、要調整かな。

0 件のコメント:

コメントを投稿