2017/02/19

アンバンドルされた世界でいち消費者が自転車店に望むこと(2)バンドルからアンバンドルへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
#aminocyclo: アンバンドルされた世界でいち消費者が自転車店に望むこと(1): 最近私が有用と思っている考え方のフレームとして、 バンドル(抱き合わせ) アンバンドル(ばら売り) という区別があります。 バンドルの典型例は結婚。結婚は広い意味での契約の一種ですが、これをするかどうかによって、子どもの地位、税金、社会保障、相続といった広い...

前回記事の続きです。
今回のテーマは、私個人という一消費者が、どういうサービスを自転車店に希望するか。これをバンドル(抱き合わせ)、アンバンドル(ばら売り)というツールを使って、どう考えているのかを少し掘り下げてみようという話です。

前提ーお前は誰だ

今回のテーマの前提となるのが、そもそもお前は誰かということです。私の属性をご説明しないことには、「どうして」の点がよくわからないままになるでしょう。てなわけで簡単にピックすると
  • 男性30台
  • ネットショッピング等に抵抗がなく、またショッピング以外に必要な情報を探してこれる一定のリテラシーあり
  • 自己の時間(機会費用)と受けるサービスのフィーを比較して、後者が正当かつ機会費用と比して割安と思えば使う気はある。言い換えれば、何が何でもDIYで額面的な安さへのこだわりはない。
  • 他方で、趣味に金を払う以上、欲しいものにはあまり妥協しない。
てな感じです。

購入店とメンテのバンドル「気まずい・・・」

ご承知の通り、自転車は買って終わりではなく、パーツのグレードアップは大きな楽しみの一つですし、定期的なメンテナンスも欠かせません。

他方で、側聞するところでは、このグレードアップやメンテにかかる工賃(除くパーツ代)は、自転車店さんにとってはあまり美味しくない商売とのこと。

これにより起こるのが、多分皆さんの多くが聞かれたであろう次の台詞

「メンテについては当店お買い上げの方に限り・・・」

私も、自転車屋さんのホームページを眺めて、面白そうなお店を訪問することがあります。店主さんの人格が感じられるところが大好きです。

ある日、ちょうど比較的近所にあった店に足を運んでみたことがありました。ちょっと店主さんが面白そうな店だったからです。

上記の通り、私自身、仕事等の兼ね合いで、必ずしも全てを自分でやる時間はありません。正当な対価を払って、信頼できる自転車屋さんにメンテを任せたい気持ちはあります。

なので、その店主さんとの雑談がてら、メンテとかはどうなんですか?と聞いて見ました。

すると、少し曇った顔で「そうですね、、、そういうサービスならビルダーさんのお店でもやってるんじゃないですか」と言われてしまいました。

そのとき乗っていったのはあるフレームビルダーさんの自転車。そのお店もプライベートブランドのフレームを扱っておられたので、なるほど、そういうことなのだな、と。

それならやむなしということで、それっきりになってしまいました。

このようなことは、程度の差こそあれ、それなりにあるように側聞しています。ロードバイクのフレームの供給は代理店との関係で決まっており、そことの関係で売上を上げることが優先される。

フレーム供給→それを売る、というのがメインの収入源なのであれば、それとは無関係のタイムチャージの仕事は優先されないというのは、少なくとも短期的な勘定として理解できます。

念のために申し上げますが、同じ理由により、当該店主さんの行動がどうこうと言うつもりは全くありません。私のニーズと合わなかっただけ、それだけのことです。

バンドルと利益相反

ただ、もう少しこの関係を考えてみると、どうも長期的には自転車から人々の足を遠ざける要因になっているように感じてなりません。

例えば、こういうご経験はないでしょうか。

SNSその他ネットで気に入ったパーツを見つけて、これを自分の自転車に付けたくなった。早速、いつもお願いしている自転車屋さんに聞いて見ると、取扱いがない、という。

それだけならまあやむを得ないともなりますが、それに引き続き、「うちはこれを扱っていて・・・」と、別のパーツを示される。

これは、まさに「バンドル」。店舗のサービスが、その店舗が販売する物品と「抱き合わせ」でなければ受けられない。

こうなると、私は、ウーン、と思っちゃう人間なのです。趣味なのですから、自分の欲しいモノが欲しいのであって、お店が儲かるものを買う立場にはない。

他方で、ネットをみると、そのパーツが僅か数日で宅配されてくる。それも、店頭よりも安い価格で。

ここでどういう選択をするか。おそらく、5つの選択肢があるように思います。

  • 1A 当該パーツを取扱うお店に行って、そこで付けてもらう。
  • 1B 当該パーツを取り扱うお店に行って、買って、それをどこかに持ち込んで(必要なら追加チャージを払って)付けてもらう。
  • 1C 当該パーツを取り扱うお店にいって、買って、それを自分で付ける。
  • 2A ネットで買って、それをどこかに持ち込んで(必要なら追加チャージを払って)付けてもらう。
  • 2B ネットで買って、それを自分で付ける。

このうち、現実的な選択肢なのは1A,2A,2Bの3つです。というのも、ネット価格はほぼ店頭価格より安く、また移動の手間が省けることを前提とすればわざわざ高い値段を払って、1B,1Cの選択肢を選ぶ理由はないからです。

そして、2Aについても、「バンドル」を理由に持込お断りならどうでしょうか。選択肢は1Aと2Bしかありません。

この2つの選択肢を示されて、じゃあやめちゃう、という人もそれなりにいるかと思います。それはまず業界全体にとっての商機の損失です。

もう1つ、ありそうな流れは、勉強もかねて、工具も揃えて、2Bの道に進む方法です。1Aは機会費用が高い。それだけのために店頭を探し回るよりは、工具もネットで、知識もネットや友人から入手して、自前でやってしまう。

結局、ここで起こっていることは、店舗が、顧客の本当に欲しいモノよりも短期的な利益を追求した結果、多くの人が「自分でなんとかしちゃう」ように誘導しているように感じられるのです。

ネットでいろいろなパーツが見つかる時代において、バンドルに拘ることは、消費者をDIYに走らせ、長期的には自転車屋さんから足を遠ざけるのではないか

これに対し、反論としては、「自転車はリスクがある乗り物であり、そんなDIYは危ない」というのが考えられます。

もっとも、これに対しては、「その正論にはあまり意味が無い」ということになろうかと思います。

ご指摘の通り、DIYにリスクはありますが、そもそも日本の交通環境でスポーツ自転車にのるリスクを受け入れている人にとって、DIYでやるリスクはさほど大きく見えないように思います。どっちも自己責任なのですから。

ここで欠かせないのはネットの存在です。ネットにいけば、自転車屋さんの「バンドル」を前提としたセールストークに晒されることなく、自分の欲しいものが店頭より安く手に入る。

あと欲しいのはプロフェッショナルとしての腕。
そこについてはそれなりにお金を払う気はある。

持込による追加チャージは構いません。

もっとも、追加チャージが大きいということは・・・分かる方には分かると思います。

UKのIndependent Shop

私のいるUKでは、元々中古自転車の流通が多いこともあり、出所を問わずメンテをする自転車屋さんは多いです。


例えば私がよく利用する上記店舗は、自己が代理店として扱う商品のかたわら、ネットで入手したパーツの組み上げや、全く無関係の持込メンテを請け負ってくれます。サービスのセットのほか、あらゆるメンテ・個別の組み付けについて、時給ベースで仕事をしてくれます。ネットからの持込も全然OK。

余談ですがこの店は地元Hackney出身、
Team SkyのTao Geoghegan Hart選手が出入りしていた店で、今でもお兄さんが働いていたりします。イケメンです。

特別安いとも思いませんが、なによりその機動性の高さにより、私はよく利用しています。

バンドル前提で「うちで取扱いがないので・・・」と嫌そうな顔をされるより、気持ちよくお金を払ってやってもらうほうが足が向くというもの。

このように、ユーザーが求めているニーズに、Independentなプロフェッショナルとして答えてくれること。

一消費者としての私は、バンドルされた供給のことを第一に考えるのではなく、アンバンドルされたサービスを個別に売ってくれるお店が欲しい、そう考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿