2016/09/23

コミケ戦利品シリーズ(4) フランス&自転車2015/企鵝自転車U-511+伊8編 Alpes+PARIS-BREST-PARIS

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
今回は、フォローもさせて頂いている@hideaさんによる2015年フランス自転車旅の本2冊です。
C90での新刊は企鵝自転車U-511+伊8編の方みたいですね。いずれも、筆者さんが2015年夏にフランスを旅されたときのできごとをテーマにしています。

フランス自転車旅・・・と言えばのどかに聞こえますが、実態はなかなかにハードコアです。

主目的は4年に一度開催されるブルベの祭典パリ・ブレスト・パリ1200キロへの参戦。ところがその前菜としてラルプ・デュエズをはじめとするフランスアルプスの山々をペロリと。

すごい。

偶然ですが、私もこの数週間前にアルプスのほぼ同じ場所を走っていました。そのため、自分の記憶と重ね合わせて楽しみました。

2冊のうち、フランス&自転車2015は、現地のきれいな写真を収めた写真集的な小冊子。このうち、個人的にいいなって思ったのは食事の写真。

UKに暮らしていると強く実感するのが、フランスの食生活との落差です。UKの飯が特別まずいというのはバイアスかかった言説だとは思います、が、フランスと比べると見劣りするというのは残念ながら率直な実感。

農産物とそれを素材にしたパン・ワインといった食品がとても高レベル。味付けもなかなか手が込んでいて、田舎の宿で出てくるようなシンプルな料理でも全然飽きません。

フランスアルプス。日本からのアクセスは一見すると困難のようにも思えますが、インターネットで何でも個人で手配可能であり、時間さえ取れればそこまででもありません。元々冬のリゾートであり、夏場は冬のスキー客向けのロッジがサイクリストを迎えてくれます。

気の合ったグループでロッジを借り切って。。。ってはアリだと思うんですよね。誰か一緒に行きませんか?(o゜▽゜)o



後半のメインテーマは、パリ・ブレスト・パリ
言わずと知れたAudaxのシンボルといえる一大イベントです。

有名なイベントであり、色々な方が体験談を書かれていますが、企鵝自転車U-511+伊8編では様々な「仮眠テクニック」が紹介されているのが印象的です。

・・・と書きながら、妙なおかしさがこみ上げてきました。

普通のサイクリングの体験談であれば、主な話題は風景や地形(ヒルクライム、ダウンヒル)といった内容になるはず。

ところが、私の少ないブルベ経験からも実感が持てるのですが、距離が長くなると、そんなことより補給と休息の作戦に必然的に意識が集中します。

一般の人は、仮眠にフォーカス、と聞くとなんだろう?と思われるかもしれません。しかし、ランドヌールにとって、このような記録になるのはごく自然な帰結なのかもしれないな、と思ったのでした。

PBP参加してみたいなあ。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿