2016/06/03

6月11日 Mae Mr Pickwick yn mynd i chwilio am ddreigiau a chwedlau

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

Mr. Pickwick goes in search of dragons and legends

ウェールズ語らしいです。

6月11日、初の600キロブルベに参加します。
ほぼウェールズ一周



獲得標高は9500メートルを超えますが、制限時間は通常の40時間とのこと。
ほぼウェールズを一周するコース。

ウェールズについてはあんまりイメージがありません。

イングランドより山がちということですが、どの程度でしょうか。コースプロファイルを見る限り、緩やかな丘が延々と続く印象。最大でも登りは10キロも続かないようなので、日本の「山岳ブルベ」とはまた印象が違うのではないかと押す蔵します。

600キロということで、何より安全に帰ってくることを目標に。

装備

6月なのですが、最近のロンドンの気温は未だ10度前後。ぱっとしない天気が続きます。

そこで、冬とあまり変わらない装備で行くことを検討。長袖、ロングタイツ。

当然雨具、マッドガードも完全装備予定。

ただ、バッグ等については、出発地点にてセレクションをして、オルトリーブの通常のバッグと、トップチューブの補給食バッグのみでよいように思います。基本、100キロ毎に食べ物を買い込んで対応予定。

GPSルートは上記の通り作成しました。問題は電池ですが、Garminにモバイルバッテリーを繋いで対応予定。Edge1000の電池の持ちは本当にしょぼい。二度ほど電池がきれる計算になります。

ライト。夜の長さを調べた所、日の入りが午後9時、日の出が午後4時30分ころということで、7時間程度しか走行しません。

おそらくその間に仮眠も取ることでしょう。

ということで、VOLT400/300のノーマルモード(8時間持続)を常用することにします。仮眠中に充電すれば切れることはないでしょう。

補給・休息プラン

基本的には、100キロ走って1000キロカロリーの脂肪と1000キロカロリー強の糖分を消費する前提で設計します。経験的にもこれであってる。

5時間で100キロ走るとすると、1時間に一本、200キロカロリー程度のバーを食べればいい計算になる。。。筈です。これもまたほぼ経験と合っています。

問題はこれをコンスタントに続けられるかどうかにかかっていますが、ここは経験がありません。

実際、前回の300キロブルベでは、220キロ地点以降、補給を忘れてハンガーノック近くまで陥ってしまいました。

今回は、念のために、必要最低限の食料である25本のバーをバッグに詰めていこうかなとも考えていますが、これは容量次第ですね・・・

ルート上の町には普通に店はあるので、そこできちんと計算された補給を心がけたいところです。

買う物を決めておくのも1つの作戦かもしれません。スニッカーズとか、なんだとか・・・

おにぎりがないのが辛いところです。

習うより慣れろ

装備、補給について考えたら、後は現地入り、現地宿泊と脱出ルートですが、これは特に難しいことではありません。

あとは実際に走ってみてどう感じるか。オーバーナイトの走行は初めてですので、そこにどう対応するかがキモになりそうです。

楽しみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿