2016/02/12

ヴェニスへの逃避(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
前回の続きです。

メストレの自転車レーン、レンタルバイクとトラム

木曜日にinしたメストレ。
宿からいきなりヴェニス行きのバスに乗ってもいいのですが、せっかくですので駅までちょっと歩いてみることに。
自転車道 分離型 歩道のほうが狭い
車道のようで完全に自転車専用
レンタルバイクありました。
ヴェネチア本島まで行けるかな?とも思いましたが返す場所もないし橋を自転車が通れるかも分からないので断念。
ルートマップ
普通のママチャリ
前から思ってたんですけどロンドンのSantanderは重すぎですよ!
これくらいがいい。
最初見たとき?????でした。
なにがって?
レールはガイドだけで、駆動はゴムタイヤだったんですね。

ヴェネチア本島への移動は鉄道で

自分でもあまり気にしてなかったのですが、タイトルにヴェニスって書いたのは英語での読み方です。しかし現地に入ると全部ヴェネチアになります(当たり前)。
用法が混乱しているのはそういう事情があるって事で。

本島への移動ですが、トラムを利用してもいいですし、バスでも鉄道でもOK。
今回は、バスを使えば一日乗車券の範囲ではあったのですが、ヴェネチアの頭端式ホーム見たさに鉄道を選択。
一日乗車券
列車きたよー
当然信用乗車です チケットは1ユーロちょいですが航空券ばりの紙が出てきました。

リベルタ橋。トラムは車道を走ります。
とうちゃこー
続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿