2015/12/31

初日の出ライド計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
UKでは冬のお休みの本番はクリスマスから元旦まで、それを過ぎると平常運転モードに戻ります。
とはいえ、大晦日=New Year Eveもクリスマスに劣らずのお祭り。多くの街で花火大会(ヨーロッパでは冬のイベントという位置づけが多い)を始めとするイベントが行われます。

他方で、日本と比べて、初日の出を愛でる様子はあまり感じられません(私だけ?)。友人らの感触を探ってみても、正月は家族と過ごすか、遊ぶとしても夜まで騒いで翌日はおとなしくしているという人がほとんど。そこで、ソロ初日の出ライドを企画してみることにしました。

とはいえ、正月明けに大きなイベントを控えているため、ここでリスクを取るわけにはいきません。せいぜい100キロを目処に、帰りは電車を用いることにしようと思います。

候補地は2つ。

The Broomway



なんか海の上に線がひいてありますが、ここは正真正銘の「公道」(Byway Open to All Traffic)です。隣の島に渡るために遠浅の干潟の上にルートが設定されたということですが、現在は橋があるため、実質的な利用価値はありません。しかし廃止もされないとは面白いですね。
イギリスにはこの種の「公道」が多数存在し、これを歩くことは国民の権利とされているとのこと。実際、この周辺は実は軍用地ですが、演習で使用する場合にクローズされる以外は、通行権が確保されています。

BROOMWAY
Byway Open to All Traffic ...



イギリスにはこの種の道を用いたウォーキング文化が伝統的に存在し、なかなか廃止されることはないとのこと。場所によっては何もない農地の中を公道が走っていることになっていたりして、なかなか趣深いものがあります。

Beachy Head


もう1つの候補はこちら。南海岸に特徴的な「白亜」の断崖の上。

ここから眺める朝日はさぞ素晴らしかろうと思いますが、問題は少し遠く土地勘がない、そして予定ルートが幹線道路になってしまうこと。

New Year Eveで多幸感に溢れた(控えめ)ドライバーに夜道でひき殺されるリスクはそれなりに無視できないことから、やや躊躇されるところです。

多分行くのは前者。天気も通常通りなら追い風(イングランドは西風卓越)ですし、この程度で収めておくのが良さそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿