2015/11/21

Rouleur Classicという自転車展示会に行ってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
Rouleur Classic: The Road Cycling Emporium in association with Maserati




というイベントが11月19日~21日にロンドンで開催されました。
会場はロンドン橋近く、Vinopolisという鉄道高架下の展示会場を借りての開催です。

日本では、サイクルモードが最大の自転車展示会として有名ですが、英国でこれに相当するのはLondon Bike Show。ロンドン南東のドックランズにあるExcel Londonという大規模な展示場で行われます。
The London Bike Show

季節は2月ということで、ウィンターシーズン明けの需要狙いなんでしょうね。日本とはちょっと違う。


このRouleur Classicはというと、会場はごく小さい代わりに、厳選されたブランドと著名人を集め、かつ入場料を高め(30ポンド~。。。)に設定することで、混雑を抑え、各ブースを濃く体験できることをコンセプトとしているようです。

イベントは主に、

  • 著名人を招いてのステージイベント
  • TDF2015のプロチーム及び過去のエポックメイキングなバイク展示
  • 各ブランド展示
錚々たるメンバー・・・
元は倉庫なんだと思います。ウェルカムドリンクが配られてました。

ステージ及びTDFのチームバイク展示
女子世界チャンピオンLizzie Armitstead
グライペルマイヨヴェールバージョン
Ridley Noah
おなじみゴリラサドル

クリストフのヴァイキングサドル
コスタのメリダ ステムに実際に使われたと思しきメモ
何のレースでしょう?


面白い形状のハンドルですね

キンタナのキャニオン

同上

インデュラインのあれ
一番楽しかったのはTinkoff-saxoのチームシェフハンナ・グラントさんの展示。リゾットを食べさせてもらいました。シンプルなのにとても美味しい!
著書Grand Tour Cookbookにサインももらっちゃいました。今度自分で試してみようと思います。
目の前で調理!

その他諸々。参加者が少なかったのでどの展示でもいろいろと話を聞くことができました。
Canyon Ecospeedコンセプトモデル

やっぱりコルナゴの塗装はすごいすなあ

Etap with Team Wiggins ご本人は電動はあまり好きでないような気がする・・・

Etap with Canyon ブレーキワイヤーは内蔵なのでワイヤーがほぼ存在しない。未来だ。

Etapの展示
右でシフトアップ、左でダウン。両方で押し込んでフロントシフトは斬新ですが、片手運転がしにくい。
いや本当はしちゃいけないのですが。
WATTBIKE
高性能なのですが、ファンによる負荷のためかちょっとうるさい・・・


全部回って3時間程度、いかにもロンドンらしいポッシュなイベントではありますが、いろいろお話しを聞いて楽しむことができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿