2015/09/14

ツアー・オブ・ブリテン Stage 8

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
昨日のStage 7に引き続き、今日はツアー・オブ・ブリテン Stage 8の観戦にセントラルへ。

公式より
ウエストミンスター、トラファルガー広場、ピカデリー・サーカス及びリージェント・ストリートというまさにロンドンの都心を完全封鎖して行われるステージ。

混雑が予想されたため、スタートから2時間以上前に到着するように出かけたのですが・・・ 
がらがら・・・
警察車両隊
あまりイベント自体知られていないのか、トラファルガー広場はがらがら。中心にあるモニュメントの壇上へ上がり、読書や昼寝などしつつ、のんびりスタンバイ。
どこかのレースと違ってきちんとヘリは待機しています。
多分LCYから飛び立ったエンブラエル
この日は珍しく東風
スタートと同時にウィギンス様率いるチームウィギンスが先頭に立ちロンドン市民へアピール。
元々、このチームは新人育成を目的としており、ウィギンスが勝つためのチームではありません。しかし、やはりイギリスの英雄、カヴェンディッシュが抜けた今、抜群の人気です。



逃げ集団は形成されるものの、コースの性質上、ほとんどギャップを稼ぐ事は出来ず。
ユライ・サガン兄さんもローテーションを回します。
一緒にティンコフに移籍していたんですね・・・

ムキムキグライペル
トラファルガー広場からウエストミンスター方向 

リーダージャージ、ボワッソンハーゲンさん 
きれいな足! 
ユライ・サガン兄さん 
リーダージャージを守るため前方で完全ガード 
レースは、2周を残して逃げ集団を吸収。
スカイ、MTNキュベカそしてロット・ソウダルが前方で主導権を争いつつ最終段階へ突入。

トラファルガー広場を抜けた時点で先頭はロットトレイン。
3枚ロットトレイン!
これはグライペルの完全勝ちパターンと思われたのですが、背後にはヴィヴィアーニさんが!

Stage 8 - Highlights : Aviva Tour of Britain | Official website




フィニッシュの瞬間は上記オフィシャルハイライトにて。

結果として、グライペルが先着だったものの、進路妨害のため降格処分。ヴィヴィアーニの勝利となりました。

個人的には残念ですが、ヴィヴィアーニの立場から見れば確かに、という内容。昨日の結果、そして今日もロットトレインに負けず上がっていったことを考えれば、拍手を送りたいと思います。

撮影したビデオですが、あまり画質はよくありませんね。



帰った後にブエルタの最終ステージもテレビ観戦し、お腹いっぱい。
明日からまた平常運転ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿