2014/02/20

H26の東京都予算案 自転車関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

平成26年度(2014年度)東京都予算案の概要


自転車総合対策 14億円(14億円)
 交通渋滞の緩和や環境負荷の軽減などにも有効な自転車利用が拡大する中、安全で快適な自転車の利用環境を整備するため、自転車走行空間や標示・標識の設置等を進めるなど、自転車に係る総合的な対策を行います。
  • 自転車走行空間の整備
  • 快適な自転車走行空間の確保に向けた調査検討 新規
  • 自転車ナビマークの整備
  • 自転車交通安全教育用リーフレットの作成 新規
  • 自転車シェアリングの普及促進 新規
など

2日前の18日のニュースではありますが、東京都が平成26年の予算案の概要を発表。
自転車総合対策として14億円を投じ、上記対策を行うとのこと。

このうち自転車走行空間の整備は、既に計画済みのものです。
完成済みの浅草通り等を見れば分かるとおり、縁石で自転車道を作るタイプのもの。それなりにお金がかかります。

新規事業として、快適な自転車走行空間の確保に向けた調査検討も挙げられています。

同じページの「予算のポイント」という資料では、この2つで11億円を使うという記載もあります。

取り急ぎメモとして。

0 件のコメント:

コメントを投稿