2013/09/03

イギリス(ロンドン中心)の自転車事情(2)/走行スペース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
ロンドンの自転車事情として先ず挙げたいのが、自転車走行スペース。

日本同様、車道走行、歩道は押し歩きが原則なのは変わりがありません。しかし、その徹底の度は日本とは比べものになりません。
 ヒャッハー@waterloo
ただ、自動車と併走することから、自ずと車種はスポーツ車になります。
女性もかなりのスピードでかっ飛ばしてますね。
















他方で、明確に自転車への配慮を求める看板も、多数設置されています。
巻き込み事故はそれなりに多いようです。





















ようやく日本でも本格的に導入された自転車専用通行帯。
こちらの方が先行事例。
事故が多く、近時London Cycle Networkとして整備されたようです。
















個別に印象的だったのが左折レーン。
日本ではこのように分離されていないことが多いですよね。
左折専用信号と左折レーンのコンボがあると、どう動けばいいか分からない方も多かったと思います。
こうすれば明確。



0 件のコメント:

コメントを投稿